第12回両輪会は、2013年2月27日(水)無事終了いたしました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

今回の両輪会は、14社24名様にご参加いただきました。

今回のテーマは、

「待ったなし!高齢ドライバー対策 ~運輸業界の高齢化への対応と働き方~」

ドライバー不足が懸念される運輸業界において、高齢ドライバーの雇用延長は「待ったなし」の状況です。
その一方、加齢と共に迫りくる身体の衰えは、健康や安全問題と表裏一体といっても過言ではありません。

事業者の事例紹介と共に、懸念される諸問題の克服法を皆様と探ろうという思いを持っての開催となりました。

第12回両輪会は、大阪大学中之島センター(大阪市北区)を会場に実施いたしました。

グループディスカッションでの、自社での高齢化対策への取組みと情報交換の様子です。

グループディスカッションで話し合われた内容を各グループより発表いただきました。

株式会社デンソー様より、睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査装置スリープレコーダSD-101をご紹介いただきました。

協議会の後は、会場を移動して情報交流会が行われました。ざっくばらんな雰囲気の中、参加者の方々は情報交換をされていました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Post comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)